金融業は、金銭の貸付けまたは貸借の媒介を業務としています。

利用者にお金を融資して、その見返りに金利を付けて返済してもらう事で経営が成り立っています。


闇金融もまた、お金を貸し付けた後、返済時に利息を取るという業務形態を取ります。


しかし、闇金融は、一般的な貸金業者に比べて超高金利を取ります。


闇金は、「ブラックOK」「低金利」「審査が甘い」などという謳い文句で利用者を勧誘し、トサントゴと言った金利で貸し付けをしますが、このような金利は、当然法律に違反します。


そのため、返済出来なくなる利用者も決して少なくありません。


返済が滞ると、闇金融の手口は、『騙し』から『脅し』に変わります。

闇金融業者は、貸し付けたお金を回収するための、取立て手段を選びません。人権を無視した違法な取り立てを平然と行います。


また、闇金は、どうすれば債務者がお金を支払うのか、その心理を熟知しています。


通常、多くの人は自分の近親者に迷惑が及ぶのを嫌がります。

そのため、闇金は、債務者の周りの人達に迷惑行為・嫌がらせを行います。


すると、自分のせいで他人に迷惑をかけることを嫌がり、債務者はお金を工面して支払うようになるのです。

このように、家族や勤務先といった債務者の周囲の人達に嫌がらせをするだけで比較的簡単に回収できるようになるのです。


ジャパンネット法務事務所

闇金問題は、自分一人で解決するのは難しいため、法律の専門家に相談するのが最善の解決策です。